お出かけ前に駐車場を事前予約!駐車場探しなら【akippa】

コインパーキングの最長利用時間は48時間?3日以上の利用を考える際の対策とは?

“通常の”コインパーキングは最大で48時間までしか駐車ができない

都心の「タイムズ」や「三井のリパーク」などの主要なコインパーキングでは、駐車が可能な期間が最大48時間までと制限されているのをご存知でしたか。

この制限は、コインパーキング事業者が「短時間利用」を前提として運営しているためです。これは、コインパーキングが長期間の駐車を目的としたサービスではなく、48時間を上限と設定している背景があります。

何故、制限時間を設けているか

コインパーキングに駐車時間の制限があるのは、長時間の駐車や車の放置といったトラブルを未然に防ぐための措置です。

確かに、制限時間が設けられていなければ、長期間の駐車や放置車両の問題が起こる可能性が高まります。しかし、複数日にわたって車を停めたいというニーズも実際に存在しますよね?

そのようなニーズに応えるサービスが存在しますので、こちらで詳しくご紹介いたします。

2〜3日間や1〜2週間程の駐車場利用は「駐車場予約サービス」がおすすめ

通常のコインパーキングには、最大48時間までの停車制限があることを前述しました。しかし、観光や帰省で数日間、あるいは1週間といった長期間車を停める必要がある場面も考えられます。

そうした際に、「指定期間中に自由に入出庫できる」駐車場は魅力的ではないでしょうか?

そんな駐車場の使い方を希望されている方におすすめのサービスがakippaなどの駐車場予約サービスです。

もし48時間以上コインパーキングに駐車したらどうなるか

なかなか無いケースだとは思いますが、48時間以上コインパーキングに誤って駐車してしまった場合は「放置車両」とみなされて警告の張り紙を貼られるなど、そのコインパーキングを運営している会社から注意を受けることに。

また、警告の張り紙が貼られているにも関わらず、仮にそのまま駐車を継続していた場合、レッカー移動をされてしまうこともあります。

超過した場合の料金については、運営会社とのコミュニケーションが必要になるケースが多いため、48時間以上駐車をし続けてしまった場合は落ち着いて運営会社に連絡をし、しっかりと理由を伝えるとともに、その後の処理をどう進めるかしっかりと話し合うのがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です